オフィスホワイトニング

オフィースホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニング方法です。
自宅で行うホームホワイトニングに比べて、ホワイトニング剤の濃度が高く、特殊なライトで薬剤を活性化させるので、白い歯をその日のうちに実感することが出来ます。
オフィスホワイトニングは効果がその場で出るので、急いで歯を白くしたい時などには有効ですが、反面、歯の表面を中心に漂白しますので、 白さの持続期間は3-6ヶ月間程度と、ホームホワイトニングの1-2年より短くなります。
また、オフィースホワイトニングを行った後にホームホワイトニングを行うデュアルホワイトニングを行うと、白さがより持続します。
オフィスホワイトニングイメージ

○オフィスホワイトニングで歯が白くなるしくみ

ホワイトニングで歯が白くなるのは、ホワイトニング剤に主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素は、酸素と水に分解します。この分解時に発する活性酸素とフリーラジカルが、 有機質である歯の着色物を無色透明に分解します。
オフィスホワイトニングでは熱を与えたり、レーザーを当てることによって、このホワイトニング剤の成分を活性化させてホワイトニング効果を高めます。
オフィスホワイトニングイメージ02

○オフィスホワイトニングのメリット

・短期間で歯を白くすることができる。
・全て歯医者さんにお任せなので安心で気持ちが楽
オフィスホワイトニングイメージ03

○オフィスホワイトニングのデメリット

・必ずしも1回で理想の歯の色になるとは限らない
・希望の白さの度合いに応じて数回歯科医院に通う必要がある
・ホームホワイトニングよりも、色が後戻りしやすい。
・真っ白な歯を望む場合には、オフィスホワイトニングでは不可能